uchinamoon

沖縄の"気になるモノ" 幅広くお届け

新商品

味を追求。沖縄ファミマ限定「通堂監修らぁめん」は期待を上回るのか。

更新日:

通堂監修「おとこ味」「おんな味」

県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作

2002年に那覇市小禄にオープンして16年半となる名店「琉球新麺 通堂」。オープン当初から支える二枚看板の「おんな味」と「おとこ味」が調理麺として、このたび沖縄ファミリーマート限定で発売されました。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」のパッケージ

通堂は、2004年にオリジナルカップめん「通堂おとこ味」を4月に、「通堂おんな味」を10月に発売したことがあります。当時のカップ麺としては313円という高めの価格設定というのと、3万食限定だったにもかかわらず人気があったこともあり、翌年05年にリニューアル商品を発売。その時発表された販売数は36万食。いかに注目浴びていたかが分かります。

ちなみに、沖縄ファミマが県内ラーメン店の商品を採用したのはこのときが初めて。

「通堂監修 おんな味らぁめん」パッケージ

調理麺は賞味期限が短い分、生麺を採用しカップ麺よりも味の幅は広げやすいと思うので期待も高め。おとこ味とおんな味それぞれ食べてみました。食べた感想はそれぞれ別記事で書いていますが、今回はそのまとめになります。

麺もスープもコンビニ流にアレンジ

おとこ味には、ゆで中華麺、チャーシュー、ねぎ、ごま入りきくらげ炒め、なると巻、とうがらし。オリジナル配合麺は丸く細い麺。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の中身

一方、おんな味には中華麺、チャーシュー、ネギ、昆布。どちらもお店を再現したトッピング。チャーシューは1枚で、お店では2枚になっています。麺は平らな形をしています。

「通堂監修 おんな味らぁめん」の見た目

スープはゼラチン状になっており、豚脂や調味液も入っています。スープが麺に染み込まないよう寒天シートがはさまれている工夫も見られました。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の調味料

おとこ味は豚脂と醤油ベースになっているのに対し、おんな味は塩にニンニク、しょうががベースなので色味も薄め。

「通堂監修 おんな味らぁめん」のスープ

食べ方はレンジで温めるだけ

食べ方はフタをしたまま電子レンジで温めるだけ。1600Wなら1分40秒。500Wなら5分。どちらの味も共通の時間設定になります。温めたら、ほぐれていない麺とスープをほどよくかき混ぜ完成です。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」調理後

別添えでおとこ味にはごま、おんな味にはのりが付いてきます。

おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。

おとこ味のスープは、豚脂が比較的少なく感じるものの、白濁色の豚骨になっています。背脂もプラスされ、こってり感と優しさがマッチした味わいに。割とお店で食べる味に近い感じがしました。対してあっさりがうりのおんな味は、コクある塩味を感じつつも豚骨の味が少し強く、再現度は低めといった印象。

当時のインタビュー(04年10月26日付沖縄タイムスより)に「塩味のインスタントを作るのは難しく、七回にわたる開発を重ねた」と書かれていたので、調理麺も同様に塩味の再現が難しいのかもしれません。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の豚脂

麺は温めた時点で「ふつう」状態。食べるときには「やわめん」に近い食感になっていたので、硬麺派の僕としては食べごたえが足りませんでした。もしかしたら電子レンジの加減で調節できるかもしれません。今から食べる方は、自分の好きな硬さを念頭に時間を微調整した方が幸せになるかも。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の麺の硬さ

沖縄ファミマの公式サイトでは開発秘話のインタビューが掲載されています。
初の調理麺の開発ともあって、やはり苦労は絶えなかったようです。インタビューには「お店では味わえない”味変”を楽しめる」とあるので、コンビニでの発売は家で食べる良さの一つでもあるでしょうね。

いろいろな試行錯誤を乗り越え誕生した通堂の調理麺。期待度が高かっただけに個人的には残念でしたが、同時にお店で食べる美味しさに改めて気付かされるいい機会になりました。

結局、調理麺を食べて1週間以内に通堂に行ってしまった…(笑)
やはりお店で食べるラーメンはうまい。そう思わざるを得ない検証でした。

通堂監修「おとこ味」「おんな味」

なにわともあれ、開発者の皆様お疲れ様でした。また次回作に期待したいと思います。個人的には台湾ラーメンがカップ麺で食べられるようになったらうれしいなぁ…(笑)

商品の詳細

商品名 通堂ラーメン監修 おとこ味らぁめん
内容量 ラーメン1食
賞費期限 購入より1日半以内
保存方法 10℃以下
原材料 スープゼラチン、ゆで中華麺、豚脂、調味液(醤油、食塩、料理酒、ゼラチン、顆粒だし)、チャーシュー、ごま入りきくらげ炒め、ねぎ、なると巻、袋入りごま、寒天シート、とうがらし、調味料(アミノ酸等)、かんすい、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、pH調整剤、酒精、加工デンプン、酸化防止剤(V.E、V.C)、グリセリン、リン酸塩(Na)、着色料(カラメル、コチニール)、乳化剤、(原材料の一部に小麦、卵、鶏肉、豚肉を含む)
製造者 ㈱みなと食品沖縄
製造者住所 那覇市港町3-4-18
発売日 2019年1月22日
販売場所 沖縄ファミリーマート限定
商品の種類 調理麺
価格 540円(税込み)
備考記載 <表>レンジで温めてよくかき混ぜてお召し上がりください。加熱後はフタが熱くなります。やけどにご注意ください。中身がこぼれやすいので傾けないでください。<裏>当工場では、そば、卵を含む製品を生産しています
公式サイト http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html


 

商品名 通堂ラーメン監修 おんな味らぁめん
内容量 ラーメン1食
賞費期限 購入より1日半以内
保存方法 10℃以下
原材料 スープゼラチン、ゆで中華麺、調味料(食塩、ゼラチン、顆粒だし、にんにく、しょうが)、チャーシュー、豚脂、ねぎ、昆布、袋入り海苔、寒天シート、調味料(アミノ酸等)、かんすい、pH調整剤、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、酒精、グリセリン、酸化防止剤(V.E、V.C)、リン酸塩(Na)、乳化剤、香料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、卵、ごま、大豆、鶏肉、豚肉を含む)
製造者 ㈱みなと食品沖縄
製造者住所 那覇市港町3-4-18
発売日 2019年1月22日
販売場所 沖縄ファミリーマート限定
商品の種類 調理麺
価格 520円(税込み)
備考記載 <表>レンジで温めてよくかき混ぜてお召し上がりください。加熱後はフタが熱くなります。やけどにご注意ください。中身がこぼれやすいので傾けないでください。<裏>当工場では、そば、卵を含む製品を生産しています
公式サイト http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html

取り扱いは沖縄ファミマのみ

県内の沖縄ファミリーマート全店(326店)で、2月11日(月)まで約3週間にわたって期間限定で発売されています。おんな味は税込み520円、おとこ味は税込み540円です。

おすすめ度:

googlead




googlead




\おすすめ記事/

1

目次1 県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作2 麺もスープもコンビニ流にアレンジ3 食べ方はレンジで温めるだけ4 おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。5 商品の詳細6 取り扱いは沖 ...

2

目次1 「うまい、安い、早い」三拍子揃った調理麺2 添加物の数が少ないのも魅力的3 食べ方はお湯をそそぐだけ。10秒で完成4 パーラーの100円そば好きにはうってつけ5 商品の詳細6 沖縄ファミリーマ ...

3

目次1 2013年発売。蒟蒻ゼリーシリーズ3種類2 原料はほぼ同じ。濃縮果汁の分量が違う3 飲みやすいクラッシュタイプ4 爽やかでのどごし◎。こどもにもおすすめ5 3種類とも果汁らしさ十分でおいしい6 ...

-新商品
-,

Copyright© uchinamoon , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.