uchinamoon

沖縄の"気になるモノ" 幅広くお届け

新商品

期間限定。沖縄名店の看板ラーメンここに。通堂監修 「おとこ味らぁめん」

更新日:

 「通堂監修おとこ味らぁめん」

通堂監修。カップ麺じゃない調理麺

2002年に那覇市小禄にオープンして16年半となる名店「琉球新麺 通堂」。オープン当初から支える2大定番商品「おんな味」と「おとこ味」が調理麺として、2019年1月22日に沖縄ファミリーマート限定で期間限定商品として発売されました。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」のパッケージ

2004年に販売されたカップ麺は、当時3万食限定。翌年リニューアルするほどの人気ぶりで、そのリニューアル時に発表された販売数は、おとこ味とおんな味合わせて36万食。予定していた数の12倍売り上げていることになります。

今回は、調理麺という本格的な仕上がりで開発されただけに、期待も十分。近くにあるファミマの弁当・惣菜コーナーで購入して、さっそく食べてみました。

麺もスープもコンビニ流にアレンジ

プラスチック製のどんぶりに、ゆで中華麺、チャーシュー、ねぎ、ごま入りきくらげ炒め、なると巻、とうがらしが入っています。お店で食べるときはチャーシューは2枚入っていますね。サイズもおとこ味ミニぐらいだと思います。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の中身

通堂オリジナル粉を使用したというオリジナル配合麺は、おんな味とも違って丸く細い麺。店内用のものと形は似ていますが、プレスリリースを見る限り「コンビニ流にアレンジ」と書かれているので、調理麺用に開発されたものだと思われます。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の麺

スープは最近のコンビニラーメンに見られるゼラチン状。麺の下にスープゼラチンと豚脂、調味液が塊になって入っています。調味液の成分は醤油、食塩、料理酒、ゼラチン、顆粒だし。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の調味料

麺との間には、スープが溶け出さないよう薄い寒天シートも張り付いていました。麺に余分な水分の吸収を抑える工夫がなされています。

スープは再現度高め。麺は歯ごたえに物足りなさも

おとこ味は別添えのごまが付いてきます。こちらもお店をしっかり再現。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」のごま

食べ方はフタをしたまま電子レンジで温めるだけ。1600Wなら1分40秒。500Wなら5分。こちらはどちらの味も共通の時間設定。温めたら、まだほぐれていない麺とスープをほどよくかき混ぜ完成。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」調理後

お店のものと比べると、豚脂が少なく感じるもののちゃんと白濁色の豚骨になっています。とうがらしも効いています。スープの再現度は割と高めに感じました。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の豚脂

麺はほぐれてやわらかい状態。お店の「ふつう」か「やわめん」に近いかたさになりました。歯ごたえは残りますが、かためん派な僕としては物足りない感じ。

チャーシューは少し硬めですが、おおむねお店で食べる味と同じです。

 「通堂監修おとこ味らぁめん」の麺の硬さ

食べてみて改めて感じたことは、お店ってすごいなということ。
家で食べる以上、麺の硬さは電子レンジの質だったり食べる人のタイミングに委ねられるので、麺の歯ごたえを重視しているお店にとって強みが生きない可能性があるんだなと感じました。今回がまさにそんな感じ。硬麺派だったので少し残念でした。
やっぱりお店で食べる良さは味や歯ごたえをコントロールできることなんだと。

あと、「トッピングを自分好みで楽しめる」ことも大事。通堂に置いてあるニンニク、とうがらし、ごま、コショウなど使って自分好みの味を食べる楽しさも、お店でしか味わえないことだなと気付かされました。

自宅で通堂を気軽に食べられるのは嬉しいですが、やっぱり通堂に行きたくなってしまう。そんな商品でした。

※ファミマで買うことにより、お家でしかできない”味変”を楽しめる(ファミマのインタビュー参照)のは一つのポイントかもしれませんね。

商品の詳細

商品名 通堂ラーメン監修 おとこ味らぁめん
内容量 ラーメン1食
賞費期限 購入より1日半以内
保存方法 10℃以下
原材料 スープゼラチン、ゆで中華麺、豚脂、調味液(醤油、食塩、料理酒、ゼラチン、顆粒だし)、チャーシュー、ごま入りきくらげ炒め、ねぎ、なると巻、袋入りごま、寒天シート、とうがらし、調味料(アミノ酸等)、かんすい、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、pH調整剤、酒精、加工デンプン、酸化防止剤(V.E、V.C)、グリセリン、リン酸塩(Na)、着色料(カラメル、コチニール)、乳化剤、(原材料の一部に小麦、卵、鶏肉、豚肉を含む)
製造者 ㈱みなと食品沖縄
製造者住所 那覇市港町3-4-18
発売日 2019年1月22日
販売場所 沖縄ファミリーマート限定
商品の種類 調理麺
価格 540円(税込み)
備考記載 <表>レンジで温めてよくかき混ぜてお召し上がりください。加熱後はフタが熱くなります。やけどにご注意ください。中身がこぼれやすいので傾けないでください。<裏>当工場では、そば、卵を含む製品を生産しています
公式サイト http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html

取り扱いは沖縄ファミマのみ

県内の沖縄ファミリーマート全店(326店)で、2月11日(月)まで約3週間にわたって期間限定で発売されています。おんな味は税込み520円。おとこ味は税込み540円になっています。

おすすめ度:

googlead




googlead




\おすすめ記事/

1

目次1 県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作2 麺もスープもコンビニ流にアレンジ3 食べ方はレンジで温めるだけ4 おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。5 商品の詳細6 取り扱いは沖 ...

2

目次1 「うまい、安い、早い」三拍子揃った調理麺2 添加物の数が少ないのも魅力的3 食べ方はお湯をそそぐだけ。10秒で完成4 パーラーの100円そば好きにはうってつけ5 商品の詳細6 沖縄ファミリーマ ...

3

目次1 2013年発売。蒟蒻ゼリーシリーズ3種類2 原料はほぼ同じ。濃縮果汁の分量が違う3 飲みやすいクラッシュタイプ4 爽やかでのどごし◎。こどもにもおすすめ5 3種類とも果汁らしさ十分でおいしい6 ...

-新商品
-,

Copyright© uchinamoon , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.