uchinamoon

沖縄の"気になるモノ" 幅広くお届け

飲み物

ミルク感あり。ゴクゴク飲めるコーヒー入り清涼飲料「宮平カフェ」

更新日:

宮平カフェ

宮平乳業の代表的カフェオレ

主に乳製品の製造販売を手がけている宮平乳業。

じつは、清涼飲料(ソフトドリンク)も出しているのは知っていますか。レモンティーやビタミンウォーターなどその数は約10種類。スーパーで販売しているので、パッケージを見てみると宮平乳業が発売しているのは意外に思えるかもしれません。

中でも定番な清涼飲料が「宮平カフェ」。現在販売している商品で唯一のコーヒー入り清涼飲料になります。

宮平カフェのパッケージ

「ミルク感を忘れずに、甘さを控えゴクゴク飲みやすいカフェオレに仕上げました。」とうたい文句にあるように、清涼飲料ながらも牛乳の味わいがちゃんと感じられる商品になっています。

原料には乳製品やコーヒー

シンプルなパッケージでこのサイズでは珍しいストロー穴。なんでもここ数年で初めて付けられたんだとか。(DEEokinawa記事参照)。

県内スーパーでは946mlが主流ですが、中には473ml売っているところもあります。

宮平カフェの原料

原料には果糖ぶどう糖液糖や砂糖の甘み成分のほか、乳製品、コーヒーなどが入っています。カフェですが、あくまで清涼飲料なので生乳は使われていません。

変に甘すぎず、牛乳らしい味わいもしっかり

中身はパッケージと同じような少し薄めの茶色をしたカフェ。競合商品にあたる森永乳業の「森永カフェ」はカラメルを使った着色料が入っているため濃いめの茶色ですが、こちらは入っていないので、より清涼飲料らしい色味になっています。

宮平カフェのパッケージ

味は、変に甘すぎずすっきりしています。コーヒーは控えめで牛乳らしい味わいもあります。森永カフェはコーヒー感が比較的強めなので、牛乳多めのカフェを味わいたいならこちらがおすすめです。コーヒーが薄めなので、子供にも安心して飲ませることができますね。

宮平カフェの味や色

もちろん牛乳は入っていません(乳製品は入っている)。生乳を味わいたいのなら、瓶入りの乳飲料「カフェオーレ」というものも宮平乳業は出しています。そちらは生乳をしっかり使っていて、これぞ「コーヒー牛乳」みたいな味がします。

個人的にはそちらが美味しくて好きですが、スーパーでは見かけないので、手軽に飲める点ではなんだかんだ「宮平カフェ」ということになりますね。

商品の詳細

商品名 宮平カフェ
内容量 946ml(100mlあたり50kcal)
賞味期限 8日
保存方法 10℃以下
原材料 果糖ぶどう糖液糖、砂糖、植物油脂、乳製品、コーヒー、食塩、乳化剤、香料
製造者 株式会社宮平乳業
製造者住所 糸満市西崎町4-15-6
発売日 不明
販売場所 県内スーパー
商品の種類 コーヒー入り清涼飲料
価格 106円(税込み)
備考記載 <裏>原料に含まれるアレルギー物質「乳成分」
公式サイト 宮平乳業

取り扱いはネットにはなし

宮平乳業の飲料はネットでは販売されておらず、県内スーパーのみでの購入になります。

おすすめ度:

googlead




googlead




\おすすめ記事/

1

目次1 県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作2 麺もスープもコンビニ流にアレンジ3 食べ方はレンジで温めるだけ4 おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。5 商品の詳細6 取り扱いは沖 ...

2

目次1 「うまい、安い、早い」三拍子揃った調理麺2 添加物の数が少ないのも魅力的3 食べ方はお湯をそそぐだけ。10秒で完成4 パーラーの100円そば好きにはうってつけ5 商品の詳細6 沖縄ファミリーマ ...

3

目次1 2013年発売。蒟蒻ゼリーシリーズ3種類2 原料はほぼ同じ。濃縮果汁の分量が違う3 飲みやすいクラッシュタイプ4 爽やかでのどごし◎。こどもにもおすすめ5 3種類とも果汁らしさ十分でおいしい6 ...

-飲み物
-

Copyright© uchinamoon , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.