uchinamoon

沖縄の"気になるモノ" 幅広くお届け

新商品

相性抜群。全国発売だけど沖縄ファミマ限定もある「おおきな白玉クリームぜんざい」

更新日:

おおきな白玉クリームぜんざい

名前は一緒。でも「沖縄ファミマ限定」の謎

定期的にリニューアルされ、安定の人気を誇る「大きな白玉クリームぜんざい」。全国のファミリーマートでも発売されている商品なのですが、公式サイトには「沖縄限定商品」の文字が。一体何が違うのか気になるところですが、とりあえず食べてみました。

おおきな白玉クリームぜんざい

おおきな白玉クリームぜんざいの原料

主な原料は加糖あん、米粉、砂糖、生クリーム、もち米など。全国発売の同じ商品名と比べてみると、小倉あん、白玉粉、もち粉あたりが違います。北海道十勝産小豆のあんを使用している点では同じですが、「小倉あん」ではなく「加糖あん」という表記も気になるところ。

おおきな白玉クリームぜんざいの原料

ちなみに直近では、2018年12月11日にも新商品として発売されています。

ぜんざいとクリームの甘さがけっこう合うんです

スプーンにギリギリ収まるサイズの白玉。お店にはスイーツコーナーで保存されているので、もちも固くなっていないか心配でしたが、そんな疑いをよそにもちもちで柔らかいこと…!甘みもある白玉でした。これ単体でもおいしい。

おおきな白玉クリームぜんざいの白玉

ふわっとしたあっさり生クリーム。甘みは十分。甘そうな小豆はそんなこともなく、素材の良さを感じられる甘み。生クリームと一緒に食べるとジャンルの違う甘味が口の中で融合。相性が抜群に良いことにびっくりです。甘党じゃない僕でもペロッといけます。

おおきな白玉クリームぜんざいの加糖あん

水ようかんをカップ底に流しており、小豆の甘さを緩和してみずみずしいぜんざいに。沖縄風ぜんざいを表現しているのかなと思いました。
ドロっとした小倉あんが特徴の全国のものとはここが違うのかもしれません。また、全国のぜんざいはもちが5個入っているのに対し沖縄は3個。

おおきな白玉クリームぜんざいの味

見た目で判断できる違いはもちの数ぐらいでしたが、実際食べ比べみたら味もけっこう違うかもしれませんね。十分美味しかったのですが、全国発売のものが改悪され沖縄限定で発売されていないことを祈りたいです。

商品の詳細

商品名 おおきな白玉クリームぜんざい
内容量 1個(374kcal)
賞味期限 2日以内
保存方法 10℃以下
原材料 加糖あん、乳等を主要原料とする食品、米粉(米国産、国産)、砂糖、生クリーム、もち米(国産、タイ産)、粉糖、麦芽糖、水飴、加糖練乳、澱粉、寒天、食塩、加工澱粉、トレハロース、増粘剤(加工澱粉)、カラギナン、乳化剤、グリシン、酵素、ゲル化剤(増粘多糖類)、安定剤(増粘多糖類)、(原材料の一部に乳、ゼラチン、大豆を含む)
製造者 ㈱みなと食品沖縄デザート工場
製造者住所 那覇市港町2-16-5
発売日 2019年2月5日
販売場所 沖縄ファミリーマート限定
商品の種類 和生菓子
価格 285円(税込み)
備考記載 <裏>お召し上がりの際はもちをのどにつまらせないようにご注意ください。
公式サイト 沖縄ファミリーマート

取り扱いは沖縄ファミマのみ

「ぜんざい」と思って食べるとクリームの味で何か違う感じがしますが、別のスイーツだと思って割り切って食べるとおいしいです。しかもレベル高め。

都度リニューアルされているので、次食べるときはまた変わった味になっているかもしれません。ただ、現時点ではかなりおすすめできます。

おすすめ度:

googlead




googlead




\おすすめ記事/

1

目次1 県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作2 麺もスープもコンビニ流にアレンジ3 食べ方はレンジで温めるだけ4 おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。5 商品の詳細6 取り扱いは沖 ...

2

目次1 「うまい、安い、早い」三拍子揃った調理麺2 添加物の数が少ないのも魅力的3 食べ方はお湯をそそぐだけ。10秒で完成4 パーラーの100円そば好きにはうってつけ5 商品の詳細6 沖縄ファミリーマ ...

3

目次1 2013年発売。蒟蒻ゼリーシリーズ3種類2 原料はほぼ同じ。濃縮果汁の分量が違う3 飲みやすいクラッシュタイプ4 爽やかでのどごし◎。こどもにもおすすめ5 3種類とも果汁らしさ十分でおいしい6 ...

-新商品
-,

Copyright© uchinamoon , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.