uchinamoon

沖縄の"気になるモノ" 幅広くお届け

スナック菓子

島とうがらしの辛味が活きる「石垣島ラー油チップス」

更新日:

「石垣島ラー油チップス」外観

「石垣島ラー油チップス」って何?

雪塩ちんすこうでお馴染みの八重山南風堂(なんぷうどう)から発売されているラー油味チップス。
いろんなスーパーで見かけるのですが、いつでも手に入るだけになかなか買わずじまい。

今回はようやく手にとって食べてみましたが、もっと早く食べておけばよかったと思えるほど美味しいものでした。

「「石垣島ラー油チップス」のパッケージ

上下にミンサー織りの模様をあしらったパッケージ。黒と赤の配色により、なんとなく辛そうなイメージ。

容量は20gですごく軽くて小さい。調べて見ると、3倍の量が入った60gの商品もありました。普通に食べる分ならそちらが良いかもしれません。

「石垣島ラー油チップス」の外観

チップスというよりはせんべい。そしてうまいっ!

開けてみると思っていたのと形が違う!
というのも、チップスじゃなくてせんべいの形しているんですよね。

「石垣島ラー油チップス」の形

石垣島発の食べるラー油は数年前から有名になって、今では全国でもおなじみの商品になっています。
粒粒と練り込まれているのはエビ?もしくは島とうがらしでしょうか。

「石垣島ラー油チップス」の形

歯ごたえはチップスらしくサクッとしいて、やっぱりセンベエに近い食感。エビの風味もして、後味に少しラー油の辛さが残ります。塩気もあるけど強くはない丁度良い塩気。絶妙な塩梅です。

例えるなら、エビセンに少しピリっとしたラー油がかかった味。(←エビセンかい)

「石垣島ラー油チップス」の味

20gだったのであっさり食べることができました。というか、食べているうちにだんだんとクセになる味だったので、あと2袋はペロリと食べれそうです。やっぱり大きいサイズを買えばよかったなぁ(笑)

形は予想外でしたが、味は申し分ないうまさなので、家で食べたり、ちょっとした県外へのお土産にもおすすめできます。

商品の詳細

商品名 石垣島ラー油チップス
内容量 20g
賞味期限 購入してから30日以内
保存方法 直射日光、高温多湿を避け保存
原材料 でん粉、植物油脂、えび、食塩、大豆たん白、糖類(砂糖、粉糖)、玉ねぎ、デキストリン、ガーリック、香辛料、たん白加水分解物、肉エキスパウダー、粉末油脂、粉末味噌、粉末醤油、石垣ラー油(サラダ油、ゴマ油、唐辛子、にんにく、ゴマ[白]、生姜、ネギ、山椒)、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、微粒二酸化ケイ素、着色料(カロテノイド、カラメル、紅麹、ラック)、香辛料抽出物、香料、酸化防止剤(生コーヒー豆抽出物、V.E)、(原材料の一部に大豆、小麦、乳、鶏肉を含む)
製造者 八重山南風堂 株式会社 YK
製造者住所 石垣市真栄里309-6
発売日 不明
販売場所 県内スーパー、ドン・キホーテ、ネットサイト
商品の種類 油菓子
価格
備考記載 <表>なし<裏>本製品製造施設では、かに、卵、そば、落花生を含む製品を製造しています。
公式サイト http://www.nanpudo.co.jp/

取り扱いはネットもあり

県内各ローカルスーパーで売っているので比較的手に入れやすい商品。ネットだと以下のサイトから入手することができます。

Amazon
Yahoo!ショッピング
楽天市場
LOHACO
Wowma!
dショッピング

おすすめ度:

googlead




googlead




\おすすめ記事/

1

目次1 県内ラーメン店の先駆け。15年ぶりとなるコンビニ新作2 麺もスープもコンビニ流にアレンジ3 食べ方はレンジで温めるだけ4 おとこ味は再現度高め。麺は残念な結果に。5 商品の詳細6 取り扱いは沖 ...

2

目次1 「うまい、安い、早い」三拍子揃った調理麺2 添加物の数が少ないのも魅力的3 食べ方はお湯をそそぐだけ。10秒で完成4 パーラーの100円そば好きにはうってつけ5 商品の詳細6 沖縄ファミリーマ ...

3

目次1 2013年発売。蒟蒻ゼリーシリーズ3種類2 原料はほぼ同じ。濃縮果汁の分量が違う3 飲みやすいクラッシュタイプ4 爽やかでのどごし◎。こどもにもおすすめ5 3種類とも果汁らしさ十分でおいしい6 ...

-スナック菓子
-

Copyright© uchinamoon , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.